ページ

2016年9月17日土曜日

ママ達は我が子の将来をしっかり考えている【事前説明会レポ】

子どもの本音を言葉に変換!

岩下作文教室 岩下春江です。


9月に入り、定期講座のための事前説明会を3回行いました。

3回とも、ママ達の熱い意見が飛び交い、

なるほど!と思うことがたくさんでした。

会場はピアノ室で超アットホームですよ(*^^)v

一部紹介します。

--------------------------


  • 読書をインプットとすると作文はアウトプットなんですね。(作文を書けるようになると読書量が増えるという話から)

  • 子ども達は「作文が苦手」という意識があるので、それを捨てるには、成功体験、つまり納得できる作文が書けて、誉めてもらう、ということが必要。

  • 自分の思いを出すことが大切だと思っていた。演劇もそうかもしれないけれど、セリフは自分の思いではない。自分の思いを出せるようになることはとても大切だと思う。

  • 子どもの中に伝えたい思いはあるが、もやもやしていて出せないでいる様子がある。もやもやを言葉に出して伝えられたらいいと思う。

  • 漢字も計算も英語もすべて機械がやってくれる世の中。でも、それ以前の「考えること」は自分でやるしかない。自分が伝えたいことは自分でやるしかない。
--------------------------

どれも、なるほど。

ママ達は、もはや子どもに勉強をさせるにはどうしたらいいか、

というレベルではない!

いかに、自分の考えを表現し、

健全な人格を持った大人に育てるか、を考えている。



最後の言葉には、本当に考えさせられました。



漢字はパソコンが変換します。

計算も計算機があればできます。

英語は翻訳機能が充実しました。



テストで点が取れる部分は、

いよいよになれば、機械がすべてやってくれるのです。



でも、何を伝えたいのか、という部分は自分で考えるしかありません。



特に、今は英語が注目されていますけど、

英語で何を伝えるか、

の部分は自分で考えなければ、ですよね。



ママ達、すごい!



これからの子どもは

いかに自分の考えを言葉にできるか

ここが大切です。


定期講座では、自分の考えを言葉にするための練習をどんどんします。

それも、五感を使って。


そう言えば、この特徴を書いていませんでした。

次に書きます。



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 川口情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ
にほんブログ村