ページ

2016年10月30日日曜日

登校拒否先生が復活できたのは「あれ」のおかげ

子どもの本音を言葉に変換!

感じて考えて書ける子に

岩下作文教室岩下春江です。


前回2回にわたって岩下の醜い過去を書きました。





学校の先生なのに、登校拒否なんて、最高に情けない過去です。

でも、復活したんですね~

自分でもよく復活したなぁ、と書きながら感心していました。



復活できたのは、「嫌なことノート」のおかげなんです。





小学生の頃から、日記とまではいかなくても、思うところがあると、

ノートに書いていました。

嫌なことがあった時が多かったです。

以来、学生時代もずっと悩んだときは必ず書いていました。



書き方はすさまじいです。

考える速さで書きます。

誰に読ませるものでもないので、

激しい文字です!!!

読めません!

自分でも解読不能!の時があります。



最初は、「コノヤロー!」とか、嫌とか苦しいとか辛い言葉が並びます。

その時の気持ちをばーーーーーっ

と書き連ねます。



ひとしきり書くと、自然に分析がはじまります。

なぜこう思っているんだろう。

こう思うことで自分は本当はどうしたいんだろう。

これからどうなっていくんだろう。


考えると同時に文字になります。

すると、


「そうだ!本当はこういう気持ちだったから辛かったんだ」


とか


「そうか。自分が思い上がっていただけだ」

など


人には絶対言えない本当の気持ちが文字に現れてきます。




そんな嫌なことノートを、

登校拒否先生は使いました。




最初は、「学校の先生なんて」と馬鹿にする口調。

たくさん、たくさん。



しかし、文句は言うけど何もできない自分の

愚かさを自覚します。



自分が引き寄せた「学校反対論者」の大人たちは

私の事を心配してくれたんだろうけど、

じゃあ、辞められるかと言ったら、

辞める勇気なんてない、ちっぽけな自分を自覚します。



結局、勉強はしてきたけど、

まだ何も成し遂げていない未熟な自分を

認めざるを得なくなります。



「ああ、私はバカだった。愚かだった。みんなに迷惑をかけた。」

そんな文字がどんどん並んでいくのです。



気持ちが「見える」というのは、効果的ですね。

自分がダメな部分こそ、見えるとショックだけど、

生意気な私にはちょうどいい薬でした。




こうして、気持ちをすべて吐き出して、

文字に書くことで「見える化」し、

違う自分に変身しました!



書いたから復活できました。

書かなければ、復活したとしても、

先輩先生たちにかわいがってもらえなかったでしょう。



登校拒否先生が復活できたのは

「嫌なことノート」のおかげだったのです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 川口情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(教室・業者)へ
にほんブログ村